. .
0

複合機リースのしくみ。

複合機をリースするにあたって、契約の仕組みについてご説明したいと思います。

まず、月額料金は、

複合機本体のリース料金+保守契約料金

となります。

保守契約とは、複合機を利用している期間中に継続的にメンテナンスを受けられる契約となります。

基本的に複合機には保障制度が設けられていないため、保守契約を結ぶことで修理やアフターフォローを受けることができるのです。

特に複合機の場合は精密機器であるため、定期的にメンテナンスをすることで快適に使用することができます。

また、複合機のリースは複合機のリース会社と契約締結することで可能になります。

複合機の業者やメーカーは商品の納入やメンテナンス、アフターフォローなどの役割を担っています。

つまり、リース契約は企業であるお客様が希望している複合機を複合機企業に代わってリース会社が購入し、それをお客様に貸し出す、という契約となります。

そのため、複合機の所有権はリース会社にあります。

注意したいのが、リースの途中解約についてです。

原則として途中解約は禁止されており、解約時には違約金が発生してしまうケースがほとんどであると言われています。

そのため「初期投資が0円だから」と安易にリース契約を結んでしまわないようにしましょう。