. .
0

複合機の導入なら、【QOOL】へおまかせ

新しく起業する会社や業務を拡大したいと計画されている方にとって、コピー機などのOA機器の導入には、課題が多くあります。今のOA機器には、多くのタイプや機器があるのですが、それぞれを個々に揃える時代でなくて、複合機として設置して行く方法が、効率的です。

複合機には、コピー機能、FAX機能、簡単印刷機能、スキャナー機能などの多くの役割を持っています。ですから、どの複合機を使っていくかは、どんな目的を必要としているかによって、変わってくるのです。【QOOL】といって、複合機の導入に向けて、見積りから始まる一連のOA機器の設置に相談に乗ってくれる会社があるのです。

会社や事務所の仕事の進めかたによって、OA機器をどのようなタイプにしたらよいのか、考えていく必要がありますよね。リースにしていくにしても、業務方法に合わせて上手にOA機器を効率的に安いリース料金で行っていかなければなりません。

また、OA機器の導入には、NTT手配やリース審査さらにパソコンの検討など考えていかなければならないのです。そういったときに、役立つのが、【QOOL】の導入計画の提案や安くリース料金をあげて効果的な設置計画となってくるのです。一度見積りを出させていただくと分かりますが、その安さは他社と比べられないくらいです。

サイトへのご案内ですが、QOOLを見て頂くともっと詳しくご覧になれます。

0

複合機リースのしくみ。

複合機をリースするにあたって、契約の仕組みについてご説明したいと思います。

まず、月額料金は、

複合機本体のリース料金+保守契約料金

となります。

保守契約とは、複合機を利用している期間中に継続的にメンテナンスを受けられる契約となります。

基本的に複合機には保障制度が設けられていないため、保守契約を結ぶことで修理やアフターフォローを受けることができるのです。

特に複合機の場合は精密機器であるため、定期的にメンテナンスをすることで快適に使用することができます。

また、複合機のリースは複合機のリース会社と契約締結することで可能になります。

複合機の業者やメーカーは商品の納入やメンテナンス、アフターフォローなどの役割を担っています。

つまり、リース契約は企業であるお客様が希望している複合機を複合機企業に代わってリース会社が購入し、それをお客様に貸し出す、という契約となります。

そのため、複合機の所有権はリース会社にあります。

注意したいのが、リースの途中解約についてです。

原則として途中解約は禁止されており、解約時には違約金が発生してしまうケースがほとんどであると言われています。

そのため「初期投資が0円だから」と安易にリース契約を結んでしまわないようにしましょう。

0

太陽光発電のビジネスなら【XSOL(エクソル)】に相談しよう

太陽光発電のビジネスなら【XSOL(エクソル)】に相談しよう

http://www.xsol.jp/太陽光発電が注目を集めるにつれて、太陽光発電を利用する人も増え、取り扱う会社も増えてきました。
太陽光発電システムは、以前よりも身近なものとなってきました。

でも、目にしたり耳にする機会は増えましたが、設置数が極端に多くなったわけでもないようです。

太陽光発電の【XSOL(エクソル)】は、太陽光発電に関心を持つ多くの方の力になれる会社です。

【XSOL(エクソル)】では、家庭用、産業用の太陽光発電システムの開発、販売を行っています。
今までにない、太陽光発電の利用に向けて開発された新しい製品の中には、「緊急用・蓄電式防災倉庫」や空間を利用できる「架台式太陽光発電」、移動ができるポータブル式太陽光発電などがあります。

また、【XSOL(エクソル)】には、産業・公共用太陽光発電所の収支シミュレーションや設計・施工・運用を提供するシステムインテグレーターという面もあります。

さらに、【XSOL(エクソル)】は太陽光発電を普及する販売店のビジネスパートナーとして、営業・業務・物流をサポートするサプライヤーという面もあります。

太陽光発電の総合的なパートナー、【XSOL(エクソル)】の詳しい紹介は、 → ◆ こちら ◆からどうぞ!