. .

Category: ビジネス RSS feed for this category

0

給与計算はプロに代行委託がおすすめです

自分のお店や会社を持っていると、店舗・オフィスの管理だけでなく人事に関する管理もしっかりする必要があります。勤務シフトだけでなく、給与に関することは特に気を遣う必要があります。 経理専門スタッフが複数いれば、大した問題はないかもしれません。しかし、小さい会社や店舗などでは経理担当スタッフが1人しかいない・人件費削減のために自ら経理を担当しているオーナーもいることでしょう。 専門知識のない人が給与関係の管理をするとなると、何かしら問題が出てきます。特に年末の年末調整では、マイナンバーの管理も必要となりますし知識が少ない素人では問題が発生することもあるでしょう。 新たにスタッフを雇うくらいならば、給与計算をプロに委託してはいかがでしょうか。給与計算の代行の参照サイト→株式会社ペイロールは多くの企業に選ばれています。業界NO.1の実績を誇り、業界トップレベルの安全性を持っており、管理の難しい給与に関することを安心して任せることができます。 また株式会社ペイロールでは、給与計算だけでなく給与業務のほぼ100%をカバーしてくれます。例えば給与計算以外にも、労働・社会保険関連の業務に関してもカバー可能です。経理だけでなく人事が行う仕事もカバーしてくれる。これが、多くの企業に選ばれる理由とも言えるでしょう。 株式会社ペイロールについては、上のリンクから詳細を確認できます。問い合わせ先も掲載されていますので、お気軽に問い合わせを。面倒な給与計算は、プロの株式会社ペイロールに代行依頼するといいでしょう。

0

複合機リースのしくみ。

複合機をリースするにあたって、契約の仕組みについてご説明したいと思います。 まず、月額料金は、 複合機本体のリース料金+保守契約料金 となります。 保守契約とは、複合機を利用している期間中に継続的にメンテナンスを受けられる契約となります。 基本的に複合機には保障制度が設けられていないため、保守契約を結ぶことで修理やアフターフォローを受けることができるのです。 特に複合機の場合は精密機器であるため、定期的にメンテナンスをすることで快適に使用することができます。 また、複合機のリースは複合機のリース会社と契約締結することで可能になります。 複合機の業者やメーカーは商品の納入やメンテナンス、アフターフォローなどの役割を担っています。 つまり、リース契約は企業であるお客様が希望している複合機を複合機企業に代わってリース会社が購入し、それをお客様に貸し出す、という契約となります。 そのため、複合機の所有権はリース会社にあります。 注意したいのが、リースの途中解約についてです。 原則として途中解約は禁止されており、解約時には違約金が発生してしまうケースがほとんどであると言われています。 そのため「初期投資が0円だから」と安易にリース契約を結んでしまわないようにしましょう。